自律神経の乱れによる病気

自律神経の乱れによる症状

女性

自律神経失調症とは、何らかの原因で自律神経が乱れることで、全身の機能に異常が発生し様々な症状が現れる病気です。自律神経は全身の「器官」の働きをコントロールする神経の為に、この神経に異常が出るだけで身体的にも精神的にも様々な症状が出てしまうのです。自律神経失調症による主な身体的な症状が、常に疲労感がある・偏頭痛・倦怠感・不眠などです。また精神的な症状が、顕著な焦燥感や不安感の現れ・感情の起伏が激しくなる場合などが挙げられます。自律神経失調症の特徴がこれらの症状が出た場合、心療内科や精神科など心の病院にかかる方が多いでしょう。しかし、実は自律神経失調症とよく似た症状の病気も多数あるため、これらの医療機関で原因がはっきりしないこともあります。そんな時は、まず内科にかかってみてもよいでしょう。どちらにしろ、医療機関への素早い受診が最も大切になります。

自律神経が乱れる原因

自律神経失調症において自律神経が乱れる原因は一つではなく、様々な要因が影響し合い発症するとされています。自律神経が乱れる主な原因が、生活習慣の乱れ・過度の精神的ストレス・女性ホルモンの変化が挙げられます。まず生活習慣の乱れとして代表的なのが、夜間に睡眠をとらない、または多忙による慢性的な睡眠不足です。夜勤勤務が多い職業の方や、夜型の若い方は自律神経失調症の発症が多く見られます。次に人間関係や職場・家庭での過度のストレスを溜め込んでいる場合にも、自律神経の乱れを引き起こします。最後に女性の場合、妊娠・出産・更年期などでホルモンバランスが変化する機会が多い為に、自律神経の働きにも影響が出やすいとされています。自律神経失調症の予防として、出来る限り夜には睡眠をしっかりとるよう習慣づけ、ストレス発散を心がけることが重要です。